男性

タクシー会社にまずは応募|採用されるために必要なこと

  1. ホーム
  2. タクシー運転手になる場合

タクシー運転手になる場合

ハンドル

誰でも稼げるわけではない

タクシー求人の大きな特徴は、やはり採用率の高さになりますね。とにかく働いている人の平均年齢が高い業界ですので40代の方でも若い方になり、特に問題がなければ歓迎して採用される事も多いです。60代の方でも採用率は高く定年退職後にタクシー運転手になる方も珍しくありません。土建業やトラックの運転手は60代の方だと体力的に無理があるので採用される可能性はかなり低いですが、タクシー運転手なら採用される可能性が高いです。タクシー求人だと地方から来た人の為に住み込み用の寮もある会社も多いので、高齢で出稼ぎに来た人にも人気があります。法人タクシー運転手は基本的に歩合制ですので、地方でタクシー運転手をしていた人が都会のタクシー求人に応募してくる場合もありますね。田舎だと歩合制のタクシー運転手はお客さんが少なくて稼げないので、給料を上げたい人が都会に来るケースが非常に多いです。地方のタクシー運転手は、どんなに頑張っても利用客が少なくて儲からない事が多いので都会のタクシー求人に群がるのも仕方がないかもしれません。しかし、規制緩和で都会のタクシーは数が増えすぎて、完全にお客さんの奪い合いになっているので、都会のタクシー運転手なら誰でも稼げると言う訳ではないです。採用率が高い反面、どうしても稼げなくて退職する人も結構いるので、そこまで甘い業界ではないですね。タクシー運転手のメリットは意外と多く、お客さんを乗せている時を除けば自由に運転ができるので、気楽な職業な事と自分の好きなタイミングで食事をしたり休憩を取ったりできる事などがありますね。普通のサラリーマンだと会社では常に周りの目があり、好きなタイミングで食事や休憩などは間違いなく無理でしょうが、タクシー運転手はそういう縛りが無いので仕事中でも、かなりリラックスができる仕事環境になります。